小型蒸気機関車用ボイラーについてお知らせ
小型蒸気機関車製造者協会
 平成8年に小型蒸気機関車製造者協会が設立され、小型蒸気機関車ボイラーの安全性について討議してきた結果、発展するこの業界や社会環境、また諸外国の事例も参考に模型用ボイラーの安全に関するガイドラインを作成しました、これにもとづき自主的な水圧検査を実施することになりました。
 各メーカーは2003年4月出荷分より、検査カードの同梱と水圧テスト方法のご案内をさせていただくことになりました。
 各クラブ・マニア様に置かれましてもご理解をいただき、従来より小型蒸気機関車を所有されている方(メーカー製、自作を問わず)もこれに準じて検査が実施されますようよろしくお願いいたします。
水圧検査カードの取扱い方
メーカー製ボイラーについて
ボイラーの水圧検査(使用圧力の1.5倍)初回は製造者が記入、2回目よりユーザーが記入します。
1、 各メーカーは検査カードに所有者欄と機関車名欄(ボイラーの用途が決まっている場合は記入)および表中を除き、必要事項を記入する。(検査は2年間有効)
2、 ボイラー出荷と同時に検査カードを添付する。
3、 ボイラー(機関車)購入者は、このカードの表と裏の両方にこのボイラー(機関車)を実際に所有(使用)する住所氏名機関車、 およびこのボイラー(機関車)を最初に運転する直前にした水圧検査結果を、表に記入する。
4、 返信用の表書き記入して、往復はがきを切り取らずにポストに投函する
5、 協会よりエンボスを押してボイラー所有者(使用者)に返送する。
6、 今後、ボイラー所有者(使用者)はボイラー検査を定期的に行い、このカードに記入して運転時は常に携帯する。
1、 2、 3、 4、 5、   6、
      り離さずに投函      
必要事項を記入してボイラーまたは製品に同封 使用者の住所・氏名と機関車名・その他を記入 スタンプを押して返送 機関車の運転時に携帯する
       
メーカー   ユーザー   協会   ユーザー
検査カードは1台につき1枚必要です。
水圧検査カード 1部 \500
カードケース(カード4枚挿入可) 1部 \200
検査カードのお求め、ご質問等がございましたら、各メーカーまたは小型蒸気機関車製造者協会へお問合せください。
小型蒸気機関車製造者協会    
事務局
有限会社 動輪舎内
〒334-0003 埼玉県川口市坂下町3-1-10
FAX 048-286-1311

URL: http://www.kogatasl.jp/
検査カード及びケース注文書 問合せ